バナー広告
募集中!
詳しくは
ここをクリック!


トップ

メールマガジン

インフォメーション

■カーファイル
 フェラーリ
 ランボルギーニ
 デ・トマソ
 マセラティ
 ランチア
 アルファ・ロメオ
 フィアット
 ブガッティ
 パガーニ
 ポルシェ
 ルーフ
 BMW
 ロータス
 ジャガー
 マクラーレン
 デロリアン
 アルピーヌ
 ベンチュリィ
 フォード
 シボレー
 ダッジ
 ベクター
 サリーン
 トヨタ
 ホンダ
 童夢

年代MAP

レポート

オーナーズ・クラブ

My Garage

あの頃の1枚

■イベント
2007年スケジュール
スーパーカー・スーパーカー
スーパーカーコレクション
大黒チーズ

For SALE

イベント展示・撮影手配

300字コラム

リンク

ミニカー

広告制作

このサイトは更新されなくなりました

フェラーリ / Ferrari
生産国:イタリア



■スペチアーレ

288GTO
1984年当時のレース、グループBレギュレーションに
あわせて製作されたモデル。
ベースとなったのは、308GTBクワトロバルボーレ。
エンジンはドライサンプとなり、搭載位置も
308GTBの横位置から縦位置へと変更された。
IHI製ターボユニットとインタークーラーを搭載し、
最高出力400PS、最高速度305km/h。
しかし、グループBが消滅してしまい、
残念ながら活躍することはなかった。
F40
1987年、フェラーリ創立40周年の記念モデルとして誕生。
ベースとなったのはグループB競技用に開発された
288GTOエボルツィオーネで、
V型8気筒DOHC32バルブ+ツインターボエンジンを搭載。
最高出力478PS、最大トルク58.8kgm、
最高速度324km/hというスペックは、当時かなり衝撃的だった。
創始者エンツォが開発を指示した最後のフェラーリであり、
今なお高い人気を誇っている。
F50
フェラーリ創立50周年を意味するモデルとして、
1995年春のジュネーブショーで公開された。
V12気筒DOHCエンジンをミッドに搭載し、最高出力520PS、
最大トルク48.0kgm、最高速度325km/hというスペックを誇る。
シャシーはカーボンコンポジット製のモノコックで、
リアサスペンションをエンジン部に接合させるなど、
「F1のロードバージョン」がテーマになっている。
エンツォ
F50に継ぐモデルとして、2002年のパリ・ショーで正式発表された。
ピニンファリーナのデザインだが、フロントノーズを始め、
かなりF1のイメージが取り入れられている。
新たに開発された5998ccのV型12気筒エンジンをミッドに搭載し、
F1タイプの7速MTが組み合わされている。
最高出力は650PSで、最高速度は350Km/h。


■V12モデル
デイトナ
デビュー前年の1967年にデイトナ24時間レースで
フェラーリが1-2-3を飾ったため、「デイトナ」と呼ばれる。
4.4リットル水冷V型12気筒エンジンをDOHC化し、フロントに搭載。
最高出力352PS、最高速度280km/hと発表された。
初期型は固体式ヘッドライトだったが、
1971年以降の後期型では米国の安全基準に対応するため
リトラクタブル・ヘッドライトに変更された。
BB
1971年のトリノ・ショーで発表された、
水冷V型12気筒DOHCエンジンをミッドに搭載する
フェラーリ初のロードモデル。
最高出力は380PS、最高速度は302km/hと、
半年前に発表されたカウンタックLP400より2km/h速く、
当時の世界最速だった。
1976年に512BB、1981年に512BBiへと発展した。


テスタロッサ
BBシリーズに代わるフラッグシップモデルとして、
1984年のパリ・サロンで発表された。
水冷V型12気筒DOHC48バルブエンジンを、
ミッドに縦置き搭載。最高出力390PS/6300rpm、
最大トルク50.0kgm/4500rpm、最高速度290km/hを誇る。

512TR
テスタロッサのマイナーチェンジモデルとして、
1992年に登場。TRは、テスタロッサの略。
最高出力は35PSアップの425PS/6750rpm、
最大トルクは0.9kgmアップの50.1kgm/5500rpmを発揮し、
最高速度も313.8km/hにアップした。

F512M
1994年10月のパリ・サロンで発表された、
テスタ系の最終進化モデル。
エクステリアが大幅に変更を受けている。
最高出力440PS/6750rpm、最大トルク51.0kgm/5500rpm。
最高速度は315km/hをマークする。
マラネロ
1996年にデビューした、フェラーリの新しいフラッグシップモデル。
エンジンは水冷V型12気筒のままだが、
搭載位置がミッドシップから、フロントに変更された。
2000年に限定モデルの550バルケッタ・ピニンファリーナが登場し、
2002年には電子デバイスが盛り込まれた575Mへと進化した。
599
2006年1月のデトロイトショーで発表された、マラネロの後継車。
エンツォ・フェラーリ」に搭載されたV12エンジンがベースで、
最高出力620ps/7,600rpmを発揮し、最高速度は330km/h。


■スモールモデル
ディノ
「スモール・フェラーリ」の元祖として、206GTが1967年に登場。
若くして亡くなった、創始者エンツォの息子の愛称がつけられた。
フェラーリ初のミッドシップモデルであり、
V型6気筒DOHCエンジンを横置き搭載。
1969年にはパワーアップした246GTへと発展し、

1972年にはタルガトップも追加された。
308
ディノの後継車として、1975年に登場。
V型8気筒DOHCエンジンをミッドに横置き搭載する。

初期のモデルはファイバーボディだったが、
1977年6月にスチールへと変更された。
同年、GTSが追加され、1981年に308GTBi、
1982年にクワトロバルボーレへと発展した。


328
308の進化型として、1985年のフランクフルト・ショーで発表。
排気量が3.2リットルに拡大され、
フロントグリル周辺やインテリアのデザインも一新された。

348
1989年に登場した、ブランニューモデル。
V型8気筒DOHCエンジンを縦置きし、ミッションをエンジンの後ろに
横置きするなど、斬新なレイアウトが採用された。
1993年にスパイダーが追加され、
その後、マイナーチェンジを受けた。


355
1994年、セミモノコックなどの基本構成を348から継承しつつも、
大幅に進化を遂げた。エンジンがパワーアップしただけでなく、
空力を生かしたグランドエフェクトデザインを取り入れ、
高いパフォーマンスを発揮。爆発的な人気となった。
1997年に、セミオートマのF1マチックが追加された。

360
それまでのセミモノコック構造から、
スペースフレーム構造へスイッチ。
軽量なアルミを多用し、さらにパフォーマンスが向上した。
フロント部分からもわかるように、355よりも
グランドエフェクトを取り入れたデザインとなっている。
2000年にスパイダーが追加された。
430
2004年9月のパリ・モーターショーで初公開された、
360の後継モデル。エレクトロニック・ディファレンシャルをはじめ、
F1で培ったさまざまなテクノロジーが導入されている。
最高出力490PSを発揮し、最高速度は315km/h。
5月中旬にデリバリー開始の予定。


■4シーターモデル
ディノ308GT4
「ディノ」の名を冠した2+2モデルとして、1973年に登場。
255PSを発揮する、オールアルミ製の
水冷V型8気筒DOHCエンジンをミッドに搭載する。
デザインは、フェラーリとしては唯一のベルトーネ。


モンディアル
ディノ308GT4の後継モデルとして、
1980年のジュネーブ・ショーで登場。
2+2、ミッドシップというレイアウトは変わらないが、
ひとまわりサイズアップしている。

365GTC/4
1971年にデビューした+2モデルで、
4.4リットルV型12気筒エンジンをフロントに搭載。
ピニンファリーナによるデザインは、デイトナをイメージさせるが、
マーケット的には不評で、1972年には生産を終えた。

365GT4 2+2 / 400 / 412
1972年のパリ・サロンで登場。
4.4リットルV型12気筒エンジンをフロントに搭載する。
基本デザインのまま400、412へと発展した。
456
412の後継モデルとして、1992年に登場。
デイトナをモチーフに、ピニンファリーナによってデザインされた2+2。
水冷V型12気筒エンジンをフロントに搭載。
当初は6MTのみだったが、後に4ATも追加された。
612スカリエッティ
2004年のデトロイト・ショーでデビュー。
最高出力540PS、最大トルク60.0kgmを発揮する、
水冷V型12気筒DOHCエンジンをフロントに搭載。
車両重量は1840kgだが、最高速度は315km/hに達する。

(C)Copyright SUPERCAR NET, All Rights Reserved.